• 悪化させない大人にきびの予防方法

    大人にきびは生活環境や心の状態、ホルモンバランスなど色々な要因が絡み合って発生するため、できてしまうと治りにくくケアを間違ってしまうとにきび跡が残ってしまうことがあります。
    簡単にできる方法で外的な刺激に負けない強い肌を作って、予防をしましょう。にきび予防のために真っ先に行いたいのは、睡眠不足の解消です。
    生活が夜型になってしまったり睡眠時間が削られたりして十分な睡眠がとれなくなると、ホルモン分泌や自律神経のバランスが崩れて、皮脂分泌を盛んにする男性ホルモンが活性化してきます。皮脂が多くなると毛穴が詰まりやすくなるためトラブルの多い肌になり、にきびができやすくなります。予防としてはできるだけ決まった時間に寝るようにして睡眠リズムを整えていきます。

    人気上昇中のYahoo!ニュースに関する企業の一覧です。

    眠る前に入浴をして体温を上げたり、スマートフォンを見て光の刺激を受けたりすると、交感神経が活発になって眠れなくなってしまうので控えるようにしましょう。
    皮脂分泌を抑えるビタミンB群が配合されたサプリメントを摂り、肌をサラサラの状態に近づけると毛穴が詰まりにくくなります。



    ただ、乾燥している肌は皮脂分泌が多くなってくるインナードライ肌になりやすく、ダメージを受けやすくなってしまうので保湿対策も大切な予防法です。



    毛穴の詰まりが気になると何度も洗顔してしまいますが、肌を保護するために必要な皮脂まで洗い流してしまうので、皮脂の分泌を多くする原因になってしまいます。


    熱いお湯を使うことやゴシゴシ洗いは肌を乾燥させてしまうので、ぬるめのお湯で洗い肌に強い力を加えないようにする洗い方がにきび予防に効果的です。