• にきびを効果的に予防するには

    にきびの原因には複合的なファクターが重なっていることが多く、一筋縄ではいきません。効果的に予防するには、生活の中に潜む癖を見直す必要があります。


    予防の第一は、食生活です。
    現代女性に増えている腸内環境の乱れは、便秘や下痢を誘発し、にきびの原因となります。


    腸内環境を悪化させるのは、偏った食生活です。


    特に糖質のとりすぎには注意が必要です。

    白砂糖や小麦粉を含む食べ物などは、なるべく控えめにしましょう。

    ガジェット通信情報はこちらに集まります。

    どうしても食べたい時は、野菜も積極的にとるようにしましょう。

    特ににんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜には、美肌をサポートするビタミンCやE、皮膚や粘膜を丈夫にするβカロテンが豊富に含まれているので、予防にはおすすめです。



    肌を清潔に保つことも重要です。
    ファンデーションなどを長時間つけたままでいると、毛穴が詰まってにきびの原因になります。

    外出から戻ったらすぐに洗顔をしましょう。


    洗顔後は化粧水などで水分を与え、保湿することを忘れずに。



    仕事のトラブル、環境の変化、勉強によるストレスなどを溜め込まないことも、予防には大切です。ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌が増加します。

    日頃のストレスをうまく吐き出して、リラックスできるようなストレス解消法を見つけておきましょう。
    雑菌の存在も見逃せません。雑菌はにきびをできやすくしたり、できかけたにきびの成長を助長してしまいます。

    特に、枕やシーツ、パジャマなど肌に直接触れる寝具はこまめに洗濯し、常に清潔さを保つよう心がけましょう。